地獄谷

この渋の地獄谷噴泉は、国の天然記念物に指定されていて、川底から噴上げる熱泉は、高いときは20mほどになるとか。私の身長×12.5倍…!

古民家のようになっていて、とても風情溢れる家となっています。

地獄谷を進んでいくと、お猿がに遭遇。飼育員が餌付けに成功し、こうやってお猿さんたちが来てくれるようになったとか…

奥に行くと、お猿の温泉があります。気持ちよさそうにお風呂にはいるお猿の様子にいやされます。

冬になると、猿は寒さをしのぐために温泉に入っています。湯気ももくもくと立ちこめています。 おしくらまんじゅう押されて泣くな!

身を寄せ合っている猿はとても可愛いですね^^

持ち物の準備はOK?

旅先で役立つ持ち物を事前にチェックしておきましょう。

国内旅行の持ち物をチェック!あると便利で安心なおすすめグッズ20選
旅先で「しまった!アレを持って来ればよかった…」とならないように、国内旅行であると便利な持ち物を紹介します。必須アイテムから、夏・冬のシーズンごとに必要なもの、その他筆者が個人的におすすめする持ち物など。事前にしっかり準備して早めに安心できるように、ぜひチェックしておきましょう!

松本城

松本城を目指していくと、縄手通り商店街にきました!50軒ほどの店が並ぶ商店街があります。

玩具や古民具、骨董など、駄菓子や飲食物などを売っています。

国宝・松本城に到着しました。ここは現存する日本最古の城。荘厳。天守閣の威厳たるや…凄まじ。

アングルを変えてみてら全然違う顔をしています!

天守閣からの眺めも良いです。

中は博物館になっていて、剣が飾られていました。昔はこれを使って戦っていたと思うと変に緊張してしまいます。

安土桃山時代末期-江戸時代初期に建造された天守は国宝に指定され、城跡は国の史跡に指定されています。

【住所】
〒390-0873長野県松本市丸の内4−1
【アクセス】
JR篠ノ井線「松本駅」下車 徒歩約15分
【HP】
http://www.matsumoto-castle.jp/

かっぱ橋

ここから先はしばらくトイレがないので、ここ、「上高地ビジターセンター」で済ませてから散策へ。
ちなみに、建物の中ではなく、別棟にあるのでご注意を。

ビジターセンターから少し歩くと、すぐにこんな風景に出会えます。川のせせらぎが今にも聞こえてくるような写真ではないですか!

こちらが河童橋。その奥に見えるのが穂高連峰です。

河童橋から見た穂高連峰。迫力があります!!そして梓川の水がとってもきれい!!川は透き通り、水面に太陽の光が反射してとてもきれいな景観となっています。

さて、河童橋からさらに奥へいくと梓川にかかる明神橋です。奥に見えるのが明神岳です。
散策には、せめてスニーカーの着用を。約1、2時間で散策できる明神橋まで足を延ばすのがおすすめです!たまにのハイキングはきれいな景色のかっぱ橋できまり!

鳩ヶ嶺八幡宮

神社の入り口には、「明神鳥居」がそびえ立っています。この神社は、24時間365日開放されています。入り口から見ても少し分かる様に、この神社、かなり広いです。もはや一つの森です。

僕たち地元民の間では、「鶴の噴水」と呼ばれていました。周りにベンチが一つあるんですが、そこに座ってゆっくりするのもアリだと思います。

なが〜〜く続く参道。奥にはどんな世界が広がっているのでしょうか。

「お清めの水」で回復です。長野県の水はとても美味しいです。このお水を杓子ですくって飲みましょう。

最初の石段を登ると、飯田市有形文化財の「八脚門」が建っています。享保6年の建築です。門の中をちょっと覗き見すると、徳の高そうなお二方(名前が分かりません笑)が座しています。

三本滝は,綺麗な水が三つの水路から流れてきています!

三本滝の階層から、最後の長い石段を登ると、本堂があります。この本殿の内部には、鎌倉時代に作られた重要文化財の「誉田別尊座像」が祀られています。大晦日には、ここが人で溢れかえります。遊びの締めくくりとして、参拝してから帰りましょう!

【住所】
〒395-0814長野県飯田市八幡町1999鳩ケ嶺八幡宮
【HP】
http://www.omiyasan.com/south/iida/post-268.php