夏、それは冒険の季節。

船津胎内樹型

夏はいつもよりお出かけが多くなる季節。

暑さを楽しむのもいいけれど、
涼しい場所の方が疲れにくいので、たくさん遊べそうですよね。

今回は夏でも涼しい日本の洞窟&鍾乳洞を、プレイライフ編集部が厳選した"探検向き"スポット順にランキング形式でご紹介します♪

1位 龍泉洞 /岩手県

日本三大鍾乳のドラゴンブルーを刮目せよ!

龍泉洞

日本三大鍾乳洞のひとつである龍泉洞。
入場料は大人1,000円です。

見どころは透明度の高い泉
神秘的なドラゴンブルーは、死ぬまでに一度は見てみたいほどの絶景です。

龍泉洞

洞窟内は階段が多く、発掘現場にいるような気分に。

ブルーのライトに照らされており、神秘的な雰囲気を楽しめます◎

龍泉洞

階段の上から泉を見下ろしても、ドラゴンブルーを鮮明に見られます。

洞窟の外ではこの水を飲めるので、ぜひ味わってみてくださいね。

龍泉洞
場所:岩手県下閉伊郡岩泉町神成1-1
アクセス:岩泉駅[出口]から徒歩約41分 バスで15分

2位 龍河洞 /高知県

弥生時代を感じる鍾乳洞って?

龍河洞

いかにも秘境感満載の入り口。

こちらの龍河洞も、日本三大鍾乳洞の一角です。
入場料は大人1,100円です。

龍河洞

鍾乳洞は広々としたところが多いのですが、こちらはなんと狭い…!

低いところで130cmほどの高さのところもあるので、中腰で進んでいきましょう。

龍河洞

歩き進むと、穴居第三室神の壺へ到着。
弥生時代に使われていた本物の壺が侵食され、この形になったのだとか…!

歴史と自然を感じる探検にレッツゴー♪

龍河洞
場所:高知県香美市土佐山田町逆川
営業時間:3月〜11月/8:30〜17:00、12月〜2月/8:30〜16:30

3位 吉見百穴 /埼玉県

埼玉にコロポックルの穴?

吉見百穴 山頂付近

このような小さな穴が無数にある吉見百穴。
入場料は300円です。

コロポックルの住居にも見えますが、
横穴式古墳の跡地であるそうです。

吉見百穴

実はこちら、太平洋戦争中に軍需工場だったという顔も。

しかし工場として機能し始めた1ヶ月後に終戦を迎えたそう。

吉見百穴

古墳だからか、軍需工場の跡地だからか、
心霊スポットとしても知られています。

洞窟の中から、妙に涼しい風が吹いてくるかも…。

吉見百穴
場所:埼玉県比企郡吉見町北吉見327番地
アクセス:東松山駅[東口]から徒歩約27分
営業時間:通年 8:30〜17:00