2018年、東京に雪が積もった。

冬といえば雪景色を見に行こう。

函館山ロープウェイ

2018年は東京にも雪が積もりましたが、冬といえばです。
今回は日本で楽しみたい雪景色のおすすめスポットを紹介します。
ついでに寄りたいグルメ情報も!

持ち物の準備はOK?

旅先で役立つ持ち物を事前にチェックしておきましょう。

国内旅行の持ち物をチェック!あると便利で安心なおすすめグッズ20選
旅先で「しまった!アレを持って来ればよかった…」とならないように、国内旅行であると便利な持ち物を紹介します。必須アイテムから、夏・冬のシーズンごとに必要なもの、その他筆者が個人的におすすめする持ち物など。事前にしっかり準備して早めに安心できるように、ぜひチェックしておきましょう!

1. 札幌

大通公園

大通公園

札幌の雪景色といえば札幌雪祭りのシーズンがおすすめです。

大通公園は毎年、大氷像がライトアップされています。
雪よりも、氷のライトアップはキラキラしていてとても綺麗です。

大通公園

プロジェクトマッピングなども行われます。

2017年の決戦!雪のファイナルファンタジーはこんな感じです。

プロジェクションマッピングは、最新の音響機器が投入されて、気合が入っています。
映像も次々と変わって、大迫力なので楽しめました。

大通公園
場所:北海道札幌市中央区大通西1
アクセス:大通駅[1]から徒歩約1分

スープカリーヒリヒリ2号

スープカリー ヒリヒリ2号

札幌といえばスープカレーが有名なのですが、JR札幌駅の高架下にある穴場カレー店スープカリー ヒリヒリ2号は贅沢なチキンレッグが一本入ったスープカレーを楽しめます。

スープカリー ヒリヒリ2号は下の赤いボタンから予約できます。
スープカリー ヒリヒリ2号
場所:北海道札幌市北区北6条西6-1-1 WEST6
アクセス:札幌駅西口高架下/西口改札から徒歩3分 さっぽろ駅(札幌市営)から398m
営業時間:11:30〜21:30(ラストオーダー21:00)(通し営業) ☆ランチメニューは11:30〜17:00までオーダー可能 ランチ営業、日曜営業

2. 函館

五稜郭

五稜郭タワー 売店

函館といえば五稜郭タワーへ。ここの展望台からは雪で真っ白に染まった五稜郭を見下ろせるのです。

展望台から見る星型城郭の五稜郭は、迫力満点で立派な景色です。函館に来たら、絶対この雪景色を見ておきましょう。

函館山ロープウェイ

函館山ロープウェイ

さらに函館山ロープウェイから見る雪景色も圧巻です。

ロープウェイからの景色も美しく、ワーッと歓声があがっていました。
約3分の旅です。
特にロープウェイは、谷側(山を登っていくので、下の方)が良いです。

函館山ロープウェイ
場所:北海道函館市元町19-7
アクセス:宝来町駅[出口]から徒歩約7分
営業時間:10:00〜22:00(季節により変動)

3. 小樽

小樽堺町通り

小樽堺町通り商店街振興組合

小樽の雪景色といえば小樽堺町通り商店街です。

ここは外灯や街の建物がヨーロッパ風です。ヨーロッパ風のクラシカルな面影の建物がとても多いのが特徴です。

雪と西洋建築のコラボレーションをお楽しみください。

小樽堺町通り商店街振興組合
場所:北海道小樽市堺町6−11
アクセス:南小樽駅[出口]から徒歩約7分

小樽運河

小樽運河

さらに小樽運河もおすすめです。

小樽といえば小樽運河は有名な写真スポットです。運河に倉庫が映る絶景を楽しめます。観光客で賑わっているので、配慮しながら撮影しましょう。

ここ小樽運河は全長1,140mの長い運河です。

道にはガス灯が設置され、運河沿いにある石造倉庫群は昔の姿のまま残っており、レストランなどに再利用されています。

小樽運河
場所:北海道小樽市港町
アクセス:小樽駅[出口]から徒歩約11分

小樽ポセイ丼

小樽ポセイ丼 堺町総本店

小樽といえばお寿なのですがコスパの高い海鮮丼もおすすめです。

小樽の中心部堺町にある小樽ポセイ丼へ。海の神様から店名をとったのだろうと予想されるこの海鮮料理店、極めてコスパが高いと有名でやってきました。

これが500円の運河丼です。
サーモンがかなりおいしかったです。
それにしてもコスパ高いです。

リーズナブルに味わえる海鮮丼を楽しみましょう。

小樽ポセイ丼 堺町総本店は下の赤いボタンから予約できます。
小樽ポセイ丼 堺町総本店
場所:北海道小樽市堺町4-9
アクセス:JR函館本線 小樽駅より徒歩15分 JR函館本線 南小樽駅より徒歩10分 南小樽駅から878m
営業時間:10:30〜18:00(L.O18:00) ※12/31〜1/3は朝10時30分〜15時まで ランチ営業、日曜営業